演者・司会・座長の皆様へ

TOP > 演者・司会・座長の皆様へ

演者の皆様へ

  1. 発表形式
    1) 理事長講演(CL)、会長講演(PL)、特別講演(SL)、第19回中山恒明賞受賞記念講演(NK)、基調講演(KL)、ASCO/JSCO Joint Symposium(AJS)、ESMO/JSCO Joint Symposium(EJS)、FACO Symposium(FS)、シンポジウム(S)、パネルディスカッション(PD)、臓器別シンポジウム(OS)、スポンサードシンポジウム(SS)、若手臨床腫瘍医のための技術ワークショップ(TW)、International Symposium(IS)、教育シンポジウム(ESY)、教育セッション(ESS)、EducationalTopics of ASCO2013(ETA)、第20回教育セミナー(ESM)、第12回メディカルスタッフのためのセミナー(MSS)
    (1)発表は、PCプレゼンテーションでの発表形式です。
    (2)発表時間…………………座長・司会の指示に従ってください(事務局より連絡します)。
    (3)発表方法…………………「II-2. PCプレゼンテーションについて」をご参照ください。
    (4)発表データのファイル名は「(演題番号)(氏名)(会場番号)」としてください。
        例:S 2-1横浜太郎1
    2) プレナリーセッション(PS)≪最優秀演題対象≫
    一般演題の中から、最優秀演題を選出し、選出された演題にはプレナリーセッションで口演発表をお願いいたします。
    (1) 表は、PCプレゼンテーションでの発表形式です。
    (2) 発表時間…………………発表12分、質疑3分
    (3) 発表方法…………………「II-2. PCプレゼンテーションについて」をご参照ください。
    (4) 発表データのファイル名は「(演題番号)(氏名)(会場番号)」としてください。
        例:S 2-1横浜太郎1
    3) 一般演題-口演(O)、International Session-Oral(ISO)
    (1) 発表は、PCプレゼンテーションでの発表形式です。
    (2) 発表時間…………………発表6分、質疑2分
    (3) 発表方法…………………「II-2. PCプレゼンテーションについて」をご参照ください。
    (4) 発表データのファイル名は「(演題番号)(氏名)(会場番号)」としてください。
        例:O 2-1横浜太郎3
    4) 一般演題-示説(P)、International Session-Poster(ISP)
    (1) 発表は、紙ポスター掲示です。また、紙ポスター掲示の他、PCデータによるe-Poster閲覧を併用します。
    (2) 発表時間…………………指定の時間にフリーディスカッションとなります。
    (3) 「II-3. ポスター掲示について」を参照ください。
     
  2. PCプレゼンテーションについて
    1) データの準備
    □発表データをメディアにて持ち込まれる方(データを持ち込まれる方)へ
    (1) 当日は発表予定時間の1時間前までに、「PCセンター」にて試写用パソコンでPCオペレーター立ち会いのもと、動作確認(試写)を行ってください。
    (2日目以降の発表の方も前日に受付をする事が出来ます。)
    (2) お持込いただけるメディアは以下のとおりです。
    USBフラシュメモリー/CD-R(予備のメディアもお持ちください。)
    メディアは、ウイルス定義データを最新のものに更新された状態のセキュリティーソフトで、メディアにウイルスが感染してない事を確認の上お持込ください。
    CD-RW,MO,FD,ZIP, Blu-ray などは受付できません。
    (3) データの容量はなるべく最大500MB位でご準備ください。
    (4) OSとアプリケーションは以下のものをご用意します。
    *OS Windows 7
    *OS アプリケーション Windows版 PowerPoint 2003/ 2007/2010/2013
    (5) Macintoshで作成されたデータはなるべく本体をお持ちください。
    尚、Windows上でデータを開くことも可能ですが、Macintosh上での表示と異なる場合もございます。
    (6) 搭載フォントはOS(Windows7)標準のもののみでございます。
    (7) 発表に使用するPCは全てXGA(1024×768)に統一してありますので、作成されたPCの解像度をXGAに合わせてからレイアウトの確認をしてください。
    (8) 動画や音声をご使用になる場合は、データ登録の際に必ずお知らせください。
    動画などの参照ファイルがある場合は、全てのデータを同じフォルダに入れてください。
    *動画ファイルの注意点
    Windowsの場合 7(OS)及び Windows Media Player11の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。
    (動画ファイルはWMV形式を推奨します。)
    (9) 発表時には、ご発表データの1枚目をスライドショー状態でスクリーンに映写しますので、ご自身でデータの送りを、演台上のマウスで操作を行ってください。
    ご発表データは、「PCセンター」のサーバと会場のパソコンにご発表データを一時保存いたしますが、これらのデータは本学会終了後、責任を持って廃棄します。
     
    □発表データをメディアにて持ち込まれる方(データを持ち込まれる方)へ
    (1) 発表予定時間の一時間前までに「PCセンター」へお越しください。
    「 PCセンター」の試写用モニターにてケーブルの接続を確認して、ノートパソコンから外部モニターに正しく映像が出力されるか確認してください。
    (2) 「PCセンター」ではD-sub15ピン(ミニ)のケーブルをご用意いたします。
    一部のノートパソコンでは本体附属(別売り)のコネクターが必要な場合がありますので、必ずお持ちください。
    注意:D-sub15ピン(ミニ)以外の接続はできませんのでご了承ください。

    (3) デスクトップ上の分かりやすい場所に発表データのショートカット(エイリアス)を「(演題番号)(氏名)(会場番号)」として作成してください。(例:O2-2横浜太郎3)
    画面の解像度はXGA(1024×768)にしてください。このサイズより大きいまたは小さい場合、画質の劣化につながります。
    (4) 動画や音声をご使用になる場合は、発表データ確認の際に必ずお知らせください。
    (5) 予め、スクリーンセーバー、省電力設定を解除してください。
    (6) 起動時にパスワード等を設定している場合は、解除しておいてください。
    (7) 会場にて電源をご用意しておりますので、ACアダプターを必ずお持ちください。
    (8) ご発表予定時間の20分前までに(講演中でもかまいません)に会場内左手前方演台付近のオペレーターデスクまでお越しのうえ、スタッフにPCをお渡しください、スタッフがケーブルを接続し、外部出力の確認を行います。
    (9) ご発表時には、ご発表データの1枚目をスライドショー状態でスクリーンに映写しますので、演台にセットされているモニター・キーパッド・マウスをご使用ください。ご自身のパソコンは演台上ではなく、オペレーターデスクに置きまして、キーパッド・マウス用USBケーブルを接続します。
    スライドは演台上のキーパッド・マウスを使用し、遠隔操作で送れます。
    (発表者ツールのご使用もできませんのでご了承ください。)
    念のため、バックアップデータを必ずお持ちください。
    ご発表された会場内左手前方演台付近のオペレーターデスクで、パソコンをご返却いたしますので、出来るだけ速やかにPCのお引取りをお願いします。
     
    2) 演者受付
    PCセンター①:会議センター B1Fフォワイエ
    PCセンター②:国立大ホール 1F マリンロビー
    PCセンター③:アネックスホール 2Fフォワイエ
    8月28日(木) 7:00 ~ 17:00
    8月29日(金) 7:00 ~ 17:00
    8月30日(土) 7:00 ~ 14:00
    ※いずれのPCセンターでも、全会場分のデータが受付可能です。
    ※試写終了後、発表の20分前までに会場内左手前方の次演者席にお越しください。その際、会場内PCデスクのオペレーターに到着をお伝えください。
     
  3. ポスター掲示について
    1) ポスター掲示パネル仕様
    (1) 演題ごとに右図のような大きさのパネルをご用意いたします。
    ※貼付用のピンもご用意いたします。
    (2) パネルの左上部に演題番号(幅20cm×高さ20cm)を予め提示しておきます。その右側の演題名・発表者名および所属先(幅70cm×高さ20cm)は各自でご用意ください。
    (3) 発表内容は、幅90cm・高さ140cmに収まるようにご用意ください。
    (4) 事前に学術集会事務局へプリントサービスを依頼された方にe-Posterで事前登録された内容で準備いたします。
    ※印刷物を持参する必要はありません。
    (5) 紙ポスター掲示の他、PCデータによるe-Poster閲覧を併用します。
    (6) 原則として、e-Posterデータ登録期間終了後(会期中を含む)は、データの差し替えや修正は一切できません。
    ※当日持参するポスターも事前登録した内容から変更しないようにしてください。
    (7) 撤去時間を過ぎても撤去されなかったポスターにつきましては、学術集会事務局にて処分いたしますので予めご了承ください。
     
            【掲示ポスターサンプル(e-Poster 閲覧画面サンプル)】
     
    2)
    掲示・発表スケジュール
    ・一般演題-示説(P)
    演題番号 日 程 貼 付 閲 覧 フリー
    ディスカッション
    撤去
    P1-1~P41-7 8月28日(木) 8:30~9:30 9:30~17:30 17:30~18:30 18:30~19:00
    P42-1~P84-10 8月29日(金) 8:00~9:00 9:00~17:00 17:00~18:00 18:00~18:30
    P85-1~P130-11 8月30日(土) 8:00~9:00 9:00~14:10 14:10~15:10 15:10~15:40

    ・International Session-Poster(ISP)
    演題番号 日 程 貼 付 閲 覧 フリー
    ディスカッション
    撤去
    ISP-1~ISP-31 8月28日(木) 8:00~9:00 9:00~17:30 17:30~18:30 18:30~19:00
     
    3) 発表方法
    (1) 座長によるポスターセッションは行いません。指定の時間にポスターを囲んで討論(フリーディスカッション)を行いますので、ご自身のポスター前に待機してください。
    ※フリーディスカッション中は、必ず会場内にいるようにお願いいたします。
    (2) 発表者は、事前にポスター受付でリボンを受取り、フリーディスカッション中は必ずリボンをご着用ください。
     
  4. 発表演題に関する利益相反(Conflict of Interest:COI)の開示について
    「利益相反について」のページ及び日本癌治療学会ホームページ
    http://www.jsco.or.jp/jpn/index/page/id/139をご参照のうえ,発表スライドあるいはポスターの最後に,COI状況の開示ページを加えてください。利益相反状態有りとは、特定の1企業・団体からの年間の役員・顧問職報酬、株の利益、特許使用料が100万円以上、50万円以上の講演料、原稿料、200万円以上の研究費などを指しますが、詳細は、日本癌治療学会ホームページ内の指針
    http://www.jsco.or.jp/jpn/index/page/id/55)をご参照ください。

司会・演者の皆様へ

セッションの司会・座長は、ご自身のセッションの開始15分前までに会場内所定の位置にご着席ください。
会場担当スタッフがお名前を確認し、セッションの連絡事項をお知らせします。進行は一任いたしますが、時間厳守にご協力をお願いいたします。