「生きるの教室/ドクター中川のがんと向き合う」

TOP > 「生きるの教室」 > 「生きるの教室/ドクター中川のがんと向き合う」

開 催 詳 細 

1. 日時

5月20日(火)13:45~15:50
 

2. 会場

福島大学附属中学校
 

3. 参加者

中学2年生の全生徒計136名
 

4. 特別講師

東京大学医学部附属病院 放射線科准教授/緩和ケア診療部長 中川 恵一 先生
 

5. 特別ゲスト

「ひいらぎの会」 代表世話人 鈴木 牧子 様
 

6. 進行

 

13:45- 嶋津学校長による「生きるの教室」趣旨説明
13:46- ドクター中川による講義
1) 生きることと向き合うためのセッション
「生きるの教室」オリジナルムービー“いきるぞう~いのちの河のものがたり~”の上映
2) がんと向き合うためのセッション(病気自体、予防法、治療法を学習する)
がん理解促進のためのムービー“がんちゃんの冒険”の上映
がん経験者 鈴木様による経験談とミニトークセッション、質疑応答
14:40- 休憩
14:45- ドクター中川による個人・グループワークセッション
“がんと生きる”をテーマに、“想起”~“喪失”の体験~“希望”の3ステップを実践、発表
15:28- 「生きるの教室」の総括・質疑応答
15:34- 学校からの「生きるの教室」終了挨拶

 ※ 授業終了後には、代表生徒を交えたミニ取材会を実施する予定です。
 

登 壇 者 プ ロ フ ィ ー ル

中川 恵一 先生

東京大学医学部附属病院 放射線科准教授/緩和ケア診療部長
1960年東京生まれ。1985年東京大学医学部医学科卒業。同年東京大学医学部放射線医学教室入局。
1989年スイスPaul Sherrer Institute客員研究員。2002年東京大学医学部附属病院放射線科准教授。
2005年東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部長(兼任)。 

鈴木 牧子 様

「ひいらぎの会」 代表世話人
1954年 北海道室蘭市生まれ 59歳
1977年 獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。同年、結婚を機に福島市飯坂町に在住 家業は工務店
1980年頃より 近所の子どもたちに英語を教え始め、現在はボランティアで「おとなの英会話」講師
2003年9月 卵巣がん摘出手術 抗がん剤治療開始
現職:有限会社 鈴武工務店 専務取締役 / 福島県委託 がんピアサポート事業
・リレーフォーライフ2013福島実行委員長
・リレーフォーライフ東北ブロック総括スタッフ
・福島県がん対策推進協議会委員
・東北がんプロフェッショナル養成推進プラン評価委員
・宅緩和ケア県北地域連携会委員
 

主 催 ・ 後 援

主催:バイエル薬品
後援:第52回日本癌治療学会学術集会・福島県立医科大学器官制御外科学講座

  


好評のうち無事終了いたしました。多数のご参加をいただきありがとうございました。
 
開 催 報 告